ブログ

2023/8/23

インビザラインって?➁

こんにちは!

以前『インビザラインって?①』でインビザラインのメリットについてお話しましたが、今回はインビザラインのデメリットについてお話していこうと思います!

メリットも多いインビザラインですが、デメリットももちろんあります。

デメリットについて詳しく紹介していきます。

 

・マウスピースを長時間装着しなければならない

 インビザラインはマウスピースを長時間装着することが前提で、装着時間をしっかり守らなければ効果は

 現れません。

 おおよそ二十時間以上装着しなければならないため、装着が面倒になったり、マウスピースを外している時間が

 長かったりすると、作製したマウスピースが歯にはまらなくなってしまいます。

 そうなってしまうとマウスピースを一から作り直さなければいけないため、治療期間が延びてしまいます。

 

・治療できない症例もある

 インビザラインは万能ではなく、対応できない症例や、歯並びが悪すぎる方はインビザラインを行えないことも

 あります。

 そのような場合は最初にワイヤー矯正などで歯を移動させ、ある程度歯並びを整えた後にインビザラインに切り

 替えることもできます。

 

・マウスピースをつけるだけではない

 インビザラインはマウスピースをつけるだけの手軽な矯正治療だと思っている方もいるかもしれませんが、

 そうではありません。

 まず、歯の表面にはアタッチメントと呼ばれるプラスチックの小さな突起物が取り付けられます。

 症例にもよりますが、歯を移動させるスペースを作るために、歯の間を少し削ったり、場合によっては抜歯する

 こともあります。

 上記でも述べたように、症例によってはインビザラインでは対応できないことがあるため、ワイヤー矯正と併用

 せざるを得ない場面もあります。

 

・気軽に食事できない

 インビザラインでの治療期間中、食事のときはマウスピースを外さなければなりません。

 付けたまま食べるとマウスピースの変形や破損に繋がりますし、虫歯の原因となるためです。

 お水やお茶等は装着したままでも大丈夫ですが、酸味や糖分を含む飲み物も、虫歯の原因となるため外してから

 飲むようにしてください。

 

・マウスピースを自分で管理しなくてはならない

 インビザラインのマウスピースは自分で管理しなければなりません。

 ワイヤー矯正ですと大体一月ごとに医院で調整しますが、インビザラインですと決められた期間ごとに

 ご自身でマウスピースを交換していかないと、マウスピースが合わなくなってしまうこともあります。

 また、外食などで取り外したマウスピースを紛失してしまう可能性もあるため、専用ケースに入れる

 などして紛失しないようにしなければなりません。

 

・食後に歯磨きが必要

 インビザラインの効果を得るためには、食後の歯磨きは必須です。

 朝昼晩に限らず、間食後にも歯磨きが必要になります。

 また矯正治療期間中は虫歯にならないように注意しないといけません。

 軽度の虫歯であればあまり治療に影響はありませんが、被せ物が必要なほどの虫歯になると、マウスピース

 作製し直さなければならなくなる可能性があります。

 歯磨きが不十分なままマウスピースを装着すると虫歯になりやすいので、飲食をしたあとはデンタルフロスなども

 使ってしっかり歯磨きをするようにしましょう。

 

等々、今回はインビザラインのデメリットについてご紹介しました!

当院では、無料で矯正のご相談を承っております。

光学印象機器(iTero)で撮影したデータを基に矯正治療後の歯並びをシミュレーションすることが可能です。

自分の歯並びがどのようになっているのか、どのように動いて変化するのかを見てから治療開始することができます!

ご自身身の歯並びがインビザラインで治療できるか、治すにはどれぐらいの費用がかかるのか、まずはお気軽にご相談にお越しください!

現在使用しているテンプレートファイル:single.php