ブログ

2022/3/12

シーラントって?

こんにちは。

少しずつ暖かくなってきましたね!

今回はシーラントについてお話していきたいと思います。

 

シーラントとは虫歯の予防治療です。

生え始めの乳歯や、生えたばかりの永久歯(6歳臼歯)の嚙み合わせにある溝を樹脂で埋めることで、歯を虫歯から守るというものです。

 

奥歯は溝が深いため汚れがたまりやすいく、虫歯になりやすい場所です。

埋めてしまうことで溜まりにくくなり、虫歯になってしまうのを防ぎます。

また、シーラントにはフッ素が含まれており、歯質を強化する効果も見込まれます。

生えたばかりの歯は表面が未成熟で弱く、唾液中のカルシウムなどを吸収して徐々に強くなるため、その過程で虫歯にならないようにシーラントを施します。

 

シーラントは永久に保持されるとは限りません。

食べ物を噛んだり、歯磨きをしているうちにシーラントが欠けたり、取れてしまうことがあります。

取れたり欠けたりした場合には、再度塗布することで予防効果を維持できます。

取れたままにしてしまうと、段差が出来てしまい、かえって虫歯になりやすくなってしまうため、定期的にシーラントが取れていないかチェックを受けましょう。

 

シーラントをしても、歯磨きはしっかり行うようにしましょう。

シーラントでは奥歯の溝を埋めるだけで、虫歯になるのを完璧に防ぐようにするわけではありません。

シーラントをしても歯磨きをせずに口の中が不潔な状態ですと、その歯は虫歯になる可能性が高くなってしまいます。

普段から、正しいやり方で歯磨きをしていきましょう。

 

シーラントはしっかりメインテナンスをすれば、高い虫歯予防効果が期待されます。

シーラントをご希望の場合や、正しい歯磨きの仕方など、何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください!

 

 

現在使用しているテンプレートファイル:single.php