医療費控除について

医療費控除とは、所得税の確定申告時に申請することで、年間に支払った医療費が10万円を超える場合に所得税の控除が受けられる制度です。年間の医療費が高額になりがちなご家庭では、この制度を利用することで医療費の負担を抑えながら治療を受けていただけます。

医療費控除の計算について

医療費控除(上限200万円)
=医療費の総額(※1)-補てんされる金額(※2)-10万円(※3)

※1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費の総額
※2生命保険や健康保険などで支給される、入院給付金や家族療養費など
※3その年の総所得金額が200万円未満の場合は、総所得金額の5%

医療費控除の対象となる要件

控除の対象となる医療費は、生計を一にしているご家族全員の総額です。同居していないご家族でも、仕送りをしていたり、口座を共有していたりする場合には、生計を一にしていると認められます。ただし、給与所得があって経済的に自立している場合は、同居していても対象になりませんのでご注意ください。

★確定申告申請書※税務署のホームページからプリントアウトできます
★医療費の領収書
★医療費控除の対象になる通院交通費などの領収書、または支払明細
★源泉徴収票※前年度の収入がある方のみ
★還付金の振込先に指定する銀行口座の通帳
★印鑑