矯正

藤沢市の歯医者「藤沢松本歯科&矯正歯科」では、子供の虫歯治療・予防はもちろん、歯並びや咬み合わせの観察、治療を行っています。こちらでは、当院の小児矯正についてご説明します。なお、治療時には親御様も同席していただけますので、ご安心ください。

子供の歯並びを一緒に考えましょう

お子様の歯並びに不安はありませんか? 心配でしたら、まずは当院にご相談ください。
親御様との二人三脚でお子様のお口の健康をサポートします。

お子様の矯正治療

出っ歯、すきっ歯、八重歯、受け口など、お子様の歯並びで気になることはありますか?
小児矯正の開始時期は、お口の状態によって異なります。骨が成長途中にある幼少期に治療を始めることが効果的な場合もありますので、まずはご相談ください。

矯正治療のメリット

お子様にこんなクセはありませんか?

悪いクセがあると歯並びや咬み合わせに乱れをおこしたり、顎の健やかな成長を妨げたりすることがあります。思い当たるクセがあれば、なるべく早く直してあげましょう。

矯正治療はいつから始めるべき?

矯正治療をどのタイミングで始めるかは、お子様のお口の状態により異なります。適切なタイミングを見極めるためには、治療前の「経過観察」を十分に行う必要があります。もちろん、全身の健康状態を把握するために治療後の「経過観察」も大切です。

治療前の経過観察

矯正治療の開始は早ければ早いほどいい、というわけではありません。お口の状態や成長度合いによって、その開始時期は異なります。そのため、治療前にじっくり経過観察をしたうえで、治療開始時期を見極めることが必要です。歯並びが気になるようなら、効果的な矯正ができるよう、まずはお早めにご相談ください。

治療後の経過観察

矯正治療によって動かした歯は、装置を外すと元に戻ろうとします。この「後戻り」を防ぐために必要な処置を「保定」といいます。この保定期間の経過観察は、キレイな歯列を保つためには不可欠。保定期間を終了しても、定期的に歯科検診を受けてお口のトラブルを防ぎましょう。

当院では小児矯正だけでなく、お子様の虫歯予防や治療をする小児歯科もあり、食育のご相談も承ります。また妊娠中の歯科治療にも対応していますので、治療前には妊婦さんであることをお伝えください。生まれてくる赤ちゃんのためにも、お口のトラブルは解消しておきましょう。

料金

  • 小児矯正

    相談
    無料
    矯正
    250,000円
    検査、分析
    30,000円
    調整
    3,000円

「矯正治療は子供がするもの……」と歯並びの乱れをあきらめていませんか? 整ったキレイな歯並びを手に入れるのは、大人になってからでも十分に間に合います。矯正治療で歯並びを美しくしたい方は、藤沢市の歯医者「藤沢松本歯科&矯正歯科」へご相談ください。目立たない矯正装置をご案内することも可能です。

見た目も機能も回復させましょう

歯並びや咬み合わせの乱れは見た目だけでなく、さまざまな問題の原因になります。

気になる歯並びを矯正治療でキレイに整えることで、心身ともに健康を取り戻す効果が期待できます。見た目も機能も回復させる矯正治療には、確かな技術と豊富な経験が必要です。当院では患者様に安心して治療を受けていただけるよう、外部より矯正専門医を迎え、歯科矯正治療を行っています。気になる歯並びのことは、藤沢市の歯医者「藤沢松本歯科&矯正歯科」にご相談ください。

矯正治療を受けるメリット

  1. ブラッシングがしやすくなり、お口の中を清潔に保ちやすくなる
  2. 息漏れなどがなくなり、正しい発音がしやすくなる
  3. コンプレックスが解消され、笑顔に自信が持てるようになる

悪い咬み合わせの例

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    一般的に「出っ歯」とも呼ばれる咬み合わせです。上の前歯が大きく前に飛び出しています。歯列全体や上顎ごと出ているケースもあります。

  • 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

    上下の歯列がともに前に突き出ている状態です。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり、唇が傷ついたりしやすくなります。

  • 叢生(そうせい)

    歯列がデコボコにズレたり重なり合ったりしている状態です。「八重歯」もこの一種。顎のスペースに対して歯が大き過ぎると、歯列がキレイに整いません。

  • 交叉咬合(こうさこうごう)

    歯列の一部分が左右にスライドするようにズレている状態です。前歯の中心がズレたり、顔の骨格がゆがんだりする恐れがあります。

  • 反対咬合(はんたいこうごう)
    下顎前突(かがくぜんとつ)

    「受け口」とも呼ばれる咬み合わせで、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。下顎全体が飛び出しているケースもあります。

  • 空隙歯列(くうげきしれつ)
    正中離解(せいちゅうりかい)

    「すきっ歯」とも呼ばれる、歯と歯の間にすき間がある状態です。顎に対して歯が小さい場合、歯の本数が足りない場合に起こりやすくなります。

  • 過蓋咬合(かがいこうごう)

    咬み合わせたとき、正面から見て下の歯が見えないくらい上の歯が深く被さっている状態です。咀嚼しづらかったり、歯茎を傷つけやすかったりします。

  • 開咬(かいこう)

    奥歯を咬み合わせたとき、上下の前歯が閉じずに開いてしまう状態です。前歯が開いているため、食べ物を咬み切ることが難しく、発音に影響することもあります。

矯正の種類

メタルブラケット

歯の表面にブラケットという小さな装置を装着し、金属のワイヤー通して治療します。金属製なのでブラケットが目立つのが難点ですが、多くの症例に適応可能。しかも薄くて丈夫です。また、ほかの装置に比べて費用を抑えられます。

セラミックブラケット

セラミック製のブラケットを使用した矯正装置です。歯の色とも調和しやすいため、金属のブラケットと比べると装置自体が目立ちません。仕組みはメタルブラケットと同じです。

裏側矯正

ブラケットを、歯の表側ではなく裏側(舌側)に取りつける矯正治療です。正面から装置が見えないため、治療中であることが気づかれにくくなります。一般的な表側矯正よりも装置の取り付けに技術が求められるため、治療期間や治療費がかかります。

マウスピース型矯正

マウスピース型の矯正装置は取り外したいときに取り外すことが可能で、装着しているときも透明なので目立たないのが特徴です。 しかし、適応できる症例が限られているため、適応できるかは診断が必要となります。

部分矯正(MTM)

歯を部分的に動かす矯正です。検査料もかからない矯正となり費用が一番安く済みます。

料金

  • 成人矯正

    相談
    無料
    矯正
    150,000円~
    検査、分析
    30,000円
    調整
    5,000円